ERI'S YOGA & SIMPLE LIFE -
RSS フォローする

最新記事

陰ヨガの起源と雑感。
南方教室9月スケジュール
南方教室8月スケジュール
南方教室7月スケジュール
南方教室6月スケジュール

カテゴリー

イベント・ワークショップ
イベントレポート
キャンペーン
スケジュール
ヨガあれこれ
日記
検索エンジンの供給元:

Shanti Eri Blog

月経とヨガについて

 
前回の記事で
女性と男性のヨガの練習は違って当然だよね~って話をしましたが
基本的に男と女の身体の生理的機能は異なるので
女性は自分の女性性に敬意を持ったヨガの練習をしましょー
ってわけで 『月経中のヨガについて・・』 です。
 
女性の身体は月のサイクルとともにいつも動いてるので
自然に対してより敏感で繊細な、動物的な感覚を持ち合わせています。
 
前回も書きましたが、ヨガはもともと男性優位のインド社会で生まれ
男性の真剣な修行者のためのものだったので
今や女性のヨガ人口が圧倒的に多いですが(昔のインド人超ビックリ 想定外やんか!)
女性の身体(出産や月経を経験する者)に向けて設計されたものではありません。
 
一般的に伝統的なヨガのポーズや呼吸法は
気の流れを上へ上へと昇らせるプラーナを作り
高次元の世界と繋がるために構成されています。
 
ところが月経中は、真逆の流れであるアパーナ(下へ下へと向かう気の流れ)が働くので
そんな時に無理にプラーナを引き上げようとするような動きをすると
自然の流れに逆らうことになり、身体の機能にとってはとても無理な流れを
起こしてしまうことになります。
 
月経中は下に流れていく力のアパーナを手助けするような過ごし方をすると
身体にとって優しく 自然とも調和することになりますよね。
 
月経の症状には個人差があるから、ヨガが全くできないというわけではありません。
避けた方がいいポーズ、できるポーズがあります。
(下記にまとめますのでご参考までに・・)
自分が女性の身体を持つ身であることをまず認識して ガツガツせず
月経中は特に自分の身体の声に対して繊細に応えていきたいですね。
 
女性なのに、月経中もハードスケジュールでバリバリ動きまくる..とか
ハードワークで残業するとか..
自分の中の女性性を台無しにしたり、鈍くしてしまうことは
できるだけ避けたいですね。
 
 
◎月経中に避けた方がいいポーズや呼吸法について
 
・逆転
 (ハラアサナ、サルヴァンガアサナ、ヘッドスタンド、ハンドスタンド)
・ねじり
 (ねじりは2タイプあって、お腹をしめつけないopenツイストであれば可)
・お腹に圧力をかけるポーズ
 (腹筋、チャトランガ、チェアポーズ、船、アームバランス etc)
・バランスのポーズ
・きつい後屈
 (ウルドヴァダニュラアサナ、ダニュラアサナ etc)
・骨盤を締めるポーズ(英雄1,3、ハイランジ、ねじり三角etc)
・ホットヨガやサウナや熱いお風呂もNG
・バストリカ、カパラパティなどのプラーナを上げる呼吸法
 
一般的に熱を生み出すこと、逆さになること、子宮を圧迫することはNGです。
アシュタンガやヴィンヤサのような激しい動きのあるヨガは
無理のない範囲でできることだけをやるか、もしくはお休みする。
 
 
 
◎月経中にした方がいいポーズや呼吸法について
 
・陰ヨガ(アパーナの下への流れを助けてくれます)
・猫のポーズ
・やさしいHIP OPENINGのポーズ
 (座位もしくは仰向けのがっせき・開脚、ハッピーベイビー、鳩 etc)
・チャイルドポーズ
・やさしい前屈(パシモタナアサナ、ジャヌシルシアサナ)
・シャバアサナ
・瞑想
・腹式呼吸
・ブラーマリー呼吸
 
一般的に骨盤を緩め解放していくようなポーズがいいですね。
呼吸法も鎮め落ち着かせる呼吸法がおすすめです。
 
 
女性は毎月定期的に血が出ていくため
「虚」といって気や血が不足した状態になることが多いです。
そんな時に頑張り過ぎると、もっと「虚」ひよわーーなりますよー。
 
「虚」を「実」にして日々を元気に過ごすためには
男性よりもスローでリラックスしたライフスタイル、
ゆっくり心も体も緩まる時間を持つことが大事。
ゆるゆるっとね。
 
もしこの記事を読んでいる男性がいらっしゃましたら
女性がダラダラ怠けていることがあっても、動きたくないことがあっても
それが女性の性質なんだから
許してあげて下さいね~^^
マッサージでもお茶でもいれてあげてくださいよー よろしくー。
 
 

月経とヨガについてに対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment